まはろの通信簿

まはろの通信簿

DIY・キャンプ・家電などの情報をご紹介しています。

【キャンプ用品】リーズナブルなのに高機能!?注目のWAQとは?

f:id:ai-ru-papan:20200524214631j:plain



年々キャンプ人口が増加しておりBBQやキャンプなどのアウトドアレジャーが再びブームを迎えています。

 

 

テレビや漫画がの影響で興味を持たれた方は多いのではないでしょうか?

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

アウトドアは初めてで、どれを買えばいいんだろう?

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

どこのブランドがいいのかしら?

 

 

アウトドア商品はどこのブランドが良いのかな 悩んでしまいますよね。

 

 

そんなあなたにおすすめ!アウトドアブランドWAQ(ワック)を紹介します。

 

〜本記事の内容〜

・WAQとは?どんなブランドなの?

・他のブランドと比べてどうなの?

・どんな商品があるの?

 

 

WAQとは?

2017年に大阪を拠点に日本発のアウトドアの総合ブランドです。

アウトドアの経験がない人にも、アウトドアの魅力を伝えたい」「アウトドアを通じて人生にワクワクを」テーマに、デザイン性・機能性の高く、どなたでも使いやすく、ついついキャンプに出かけたくなるようなアイテムを企画・販売をしている今注目のブランドです!

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

「ワクワク」からWAQ(ワック)ってブランド名なんだね!

 

 

 

 

他のブランドと比べてどうなの?

 

ネームバリューは?

 

アウトドアといえば、「Coleman」や「snow peak」などが代表的な人気ブランドでしょう。

「Coleman」は1976年、「snow peak」は1958年と歴史があります。それらと比べるとまだ3年という新しいブランドのため、ネームバリューは小さいです。

 

 

アイテムはどうなの?

 

アイテムを調べてみると、デザイン性は高く、高機能でリーズナブルな商品が多く見られました。

 

デザインはベージュやカーキといった大人っぽい色に、オレンジなどの相性のいい色を取り入れており、落ち着いた色合いの中にも印象付ける色調です。

 

一番気になったのは機能面で、どれも使いやすさにこだわって考えられており、初めての人や女性にも使いやすいようにされている印象です。

 

例えばこちらのタープテントです。

f:id:ai-ru-papan:20200523212907j:plain

出典:WAQオンラインショップ

「持ち運びラクラク」などよくあるような特徴のタープテントです。

 

 

皆さんは「持ち運びラクラク」って聞いてどのようなイメージを持ちましたでしょうか?

 

 

「専用ケースが付いている」

 

「軽い」

 

 

多くの人はそういうイメージを持たれたのではないでしょうか?

 

私も専用ケースが付いていて、持って歩けるというイメージでした。

 

 

しかし正解は、

 

 

ケースにキャスターが付いて、引っ張って持ち運びができるです。

f:id:ai-ru-papan:20200523214037j:plain

出典:WAQオンラインショップ

 

タープテントはアウトドアに限らず、地域のイベントや運動会など多くの人が使うアイテムですが、使う人の使いやすさをよく考えられています。

 

f:id:ai-ru-papan:20200523215035j:plain

出典:WAQオンラインショップ

 

 

タープテントの機能だけでも他社より優れているうえに、プラスでキャリーケースにキャスターを付けているなど、今までに無い新しいアイデアに、今後も期待して注目したいブランドになりそうです。

 

↓もっと知りたい方は

【WAQタープテント】

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

WAQのアイテムは私でも使いやすそうだわ!

 

 

 

 

 WAQは初心者に優しい!

WAQの商品にはQRコードがついており、スマホで読み込めばどこでも取り扱い説明の動画が見れるんです!

 

組み立てや収納方法が分からなくなっても安心です。タープやアウトドアワゴンって頻繁に使うものではないし、久しぶりすぎてどうだっけ?ってなることもあるから、本当に使う人に優しい配慮がされているんです。

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

WAQのこと、好きになって来ちゃったわ❤️

 

 

 

 

どんな商品があるの? WAQアウトドアワゴン

 

実際にWAQアウトドアワゴンを購入してみました。

 

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200217223426j:image

 

f:id:ai-ru-papan:20200217223419j:image

 

特徴1 大型のタイヤ

まず注目したいのが、ワゴン業界最大タイヤサイズ"8.5㎝"の特大タイヤです。

タイヤが大きいので悪路でも安定感があります。まだ試していませんが、砂浜でもタイヤ全体が埋まらず運びやすそうです。

 

 

 

 特徴2 スチールフレームでかなり頑丈

 骨組みもしっかりしていてかなり頑丈なかんじです。トップクラスの106Lの大容量サイズのうえ、耐荷重はなんと150Kqです。

キャンプの時などテントやテーブルやコンロなど荷物がたくさんあっても安心です。

 

ただスチールフレームで丈夫な分、空の状態でもワゴン自体が重いです。女性の方1人で車のトランクから下ろすのは少し重いかも知れません。

 

 

 

 特徴3 コンパクト収納

f:id:ai-ru-papan:20200523224324j:plain

出典:WAQオンラインショップ

専用ケース付きでコンパクトに折りたため、収納にも場所をとりません。自立するので縦置きでも横置きでも収める事が出来ます。

 

収納方法も簡単でワンタッチでできるようになっているので、初めてでも簡単に出来ました。

 

キャンプ場などでさっと出したり、片付けたりできるのは大変ありがたいです。

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

楽天でアウトドアランキング1位を取っただけの事はあるわね!

 

 ↓もっと知りたい方は

【送料無料】WAQ アウトドアワゴン【1年保証】

 

 

 

 

その他の商品は? 注目の商品は?

 

コンパクトファイアスタンド

f:id:ai-ru-papan:20200523232036j:plain

出典:WAQオンラインショップ

特徴1

折りたたみ式でコンパクトに収納が可能です。ソロキャンプやツーリングキャンプの場合など荷物の積載制限がある場合でも安心です。

 

 

 

特徴2

耐熱性のある金属性のメッシュシートを使っているので、燃焼効率が高いです。空気を取り入れやすいので安定した炎を持続出来ます。白い灰になるまで燃やします。

 

 

 

特徴3

組み立てがシンプルで簡単です。スタンドを組んだらあとはメッシュシートに付いているピンをスタンドの穴に差し込むだけです。非常に簡単で女性でも簡単に組み立てれます。

 

 

 

これは私も実際に使っていますが、非常に便利です。組み立てもわずか1分くらいで、すぐ薪組みを始めています。

性能は他の焚き火台と遜色ないので存分に焚き火を楽しめて大満足しています。

片付けも簡単で、メッシュシート部分をたわしで擦って、白い灰を洗い流すだけです。

 

 ↓もっと知りたい方は

コンパクトファイアスタンド

 

 

 

 

WAQ LEDランタン

f:id:ai-ru-papan:20200523225759j:plain

出典:WAQオンラインショップ

特徴1

最大1000lm・3色の明りに切り替えができ、4段階の調光が可能です。

メインランタン・テーブルランタン・テントランタンとシーンによって、明りを調整できます。

また昼光色・昼白色・電球色と変更できるので、シュチュエーションに合わせて変更が出来ます。

 

 

 

特徴2

大容量バッテリー搭載で7時間の明りを持続させれます。

またモバイルバッテリーとしても使えるので、キャンプ場でもスマホやモバイルスピーカーなどの充電も出来て便利です。

 

 

 

特徴3

コンパクト・軽量でとても使いやすいです。1000lmクラスのランタンは大きくで場所を取っていましたが、手のひらサイズなのでポケットにも入れられます。

f:id:ai-ru-papan:20200523231733j:plain

出典:WAQオンラインショップ

 もっと知りたい方は

WAQ LEDランタン 明るさ1000lm【1年保証・送料無料】

 

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

デザインも良いし、どれもハイスペックだわ!

 

 

 

  

まとめ

・日本発のアウトドアブランドで大注目!
・ネームバリューはまだ小さいが、今後に期待したい!
・初心者にも優しい配慮がある!
・女性にも優しい使いやすさがある商品が多い!

 

 

 

いかがでしたでしょうか?WAQは今後注目のアウトドアブランドになると思います。

 

まだまだアイテム数は少ないですが、どれも素晴らしいアイテムが揃っています。

 

キャンパーの人にも、これからアウトドアを始めようとしている方にも自信をもっておすすめします!

 

WAQは「ワクワク」を与え、皆に支持され愛される人気ブランドに成長していくことでしょう!

 

今後も新作がどんどん出てきますので注目していきたいと思います。

 

 

新商品情報

f:id:ai-ru-papan:20200524003820j:plain

出典:WAQオンラインショップ

5/23より新商品「WAQ マルチクッキングツール」の先行予約が始まりました。

ありそうでなかったアウトドア用マルチクッキングツールです。

 

↓詳しくはWAQ オンラインストアまで↓ 

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】

【DIY 入門】 女子にも人気!今からDIYを始めるには?

f:id:ai-ru-papan:20200522234815j:plain

テレビ番組の中でも「DIY特集」がたびたび放送されていますね。視聴率も高いから定期的にコーナーとして放送もできるのでしょうね。

 

 

やはりDIYの人気の高さはうかがえます。「DIY女子」って言葉があるように最近では女性の方にも人気があります。

 

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

興味はあるけど、私にもできるかしら?

 

 

そんなあなたにDIYの魅力をご紹介します! 

〜本記事の内容〜

DIYってそもそも何?

DIYって何がいいの?

DIYは何から始めたらいいの?

・初心者におすすめの道具は?

 

 

 

 

 

 DIYって何?

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

そもそもDIYってどういう意味かしら?

 

 

DIYは英語"Do It Yourself"の頭文字を取った造語です。「自分でやってみよう!」という意味です。

 

 

昔は「日曜大工」という言葉がありましたが、日曜大工とは大工以外の仕事をしている人が趣味で休みの日に家具作りや、簡単な大工作業のみをすることです。

 

 

一方、DIYは専門職ではない素人の人が木工作業以外も含めた作業をすることをと言います。

 

 

たとえば、家の壁紙を自分で張り替えた!棚に色を塗った!お庭に花壇を作った!これも立派な「DIY」って事になるんです。

 

 

 しかし最近ではテレビの影響でDIY」=「日曜大工(木工作業)」のイメージが強いですね。

 

 

 

 

ハンドメイドとはちがうの?

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

DIYってハンドメイドと同じことかしら?

 


「DIYとハンドメイドって同じ意味でしょ?」と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

 

実は似ているようで厳密には少し違うのです。

 

 

 

ハンドメイドとは、「手作り」という意味です。そのため手作業で作ってさえいれば、全ては「ハンドメイド」であるといえます。

 

 

しかし、「DIY」も手作りのモノではあるのですが、あくまでも素人が趣味としてお金目的ではなく、手作りしていることを言います。

 

 

つまりは素人が趣味で作った販売目的ではない手作業での作品は「DIY」、プロも含んだ販売目的の手作業での作品を「ハンドメイド」ということになるのです。

 

 

 

 

DIYの魅力は?

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

DIYのどういうところがいいの?

 

まず何と言っても「お金を掛けずに自分好みにできる!」ってことです。

素材、サイズ、形、色全てが自分好みのものってなかなか見つけられませんよね。

 

仮に見つかってもそれが自分の予算をオーバーしてでもあなたは買いますか?

 

 

多分ほとんどの人が買うのを諦めてしまうと思います。

 

 

「自分好みのモノが買えないなら、自分で作ってやる!」

 

 まさに「自分でやってみよう!」="Do It Yourself" です。

 

 

全て自分好みのモノを予算内で作ることこそが、DIYの最大の魅力です。またモノを作ることの新鮮さや少しずつ形になっていく喜びや感動を味わえるのもDIYならではです。

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

"Do It Yourself"
私もDIYやってみよう!

 

 

 

 

木工DIYは何から始めたらいいの?① イメージを作りましょう!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

でも何から始めたらいいのかしら?

 

まずは自分の作りたいものをイメージしましょう。

 

○○っぽいイメージで大丈夫す。(例えばヴィンテージっぽい、ナチュラルスタイルっぽいなど)

 

 イメージができたら、

・素材は何にするのか?
・サイズはどれくらいにするのか
・どのような形にするのか?
・どのような色にするのか?

 

 順番に決めていきましょう。

 

 

 イメージが無いと、素材や色が決まらず先には進めません。なぜなら素材や色でイメージは変わってしまうからです。

 

例えば同じ木材でも色を暗くすればヴィンテージっぽくなり、逆に明るくすればナチュラルスタイルっぽくなります。またアイアンを取り入れることでアンティークっぽくにもなってしまいます。

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

モノのイメージを持つことが大切なんですね!

 

 

 

 

 木工DIYは何から始めたらいいの?② リメイクしてみよう!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

でもいきなり私にも作れるかしら?

 

まずは市販されているモノをリメイクしてみましょう。

 

たとえば市販されているカラーボックスなどをリメイクしながら組み立てると良いです。

 

 

組み立てる事でモノの構造を知ることができ、色などを変えることでイメージが変わることを知れます。また付属されていない扉をつけてみたり、取っ手や足などを付けるだけでもイメージは変わります。

 

 

DIYでゼロから作るために、リメイクは自分のイメージをどうやって形にするか良い経験になります。

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200522212628p:plain

イメージを形にする練習にリメイクはいいね!

 

 

 

 

まずどんな道具があればいいの?

 

DIYの工具は用途に合わせて色々あります。電動工具などは高価ですので、いきなりあれこれ全部揃えるのは難しいです。

 

DIYを始めるなかで、「これだけは揃えたい」って思うアイテムを4つ紹介します。

 

ドリルドライバー

電動工具の中で何と言っても ドリルドライバーです。間違いなくDIYで1番使います。

 

木工・鉄鋼に関係なくビス(ネジ)を止める作業は必ずあるためです。

 

市販されているモノを組み立てる時は、初めからネジ穴があります。

 

しかし自分で作る場合はネジを止めるために下穴を開ける必要があるのでドリルとして使える物がいいです。

 

電動工具は正直高価です。安いのを買ってパワー不足で使えなかったって話はよくあります。

 

DIYを始めるにはこのドリルドライバは必須アイテムです。かなりの頻度で使うので絶対良い物を買った方が良いです。

 

 

 このブラックアンドデッカーのドリルドライバーのセットはかなりおすすめです。

 

「値段が高いよ」って思われる方もいると思います。

 

しかし、このブラックアンドデッカーのセットは、先端のアタッチメントを交換する事で、「ドリルドライバー=止める」「丸ノコ=切る」「サンダー=削る」の1台3役の機能があるんです。

 

3役の専用電動工具を買うよりはかなりのお手頃なんです!

 

さらにアタッチメントは他にもあり、機能を増やしていくことが可能です!

 

絶対おすすめです!

 

 

 

木工ボンド

当たり前ですが、これもよく使います。工作でのりを使うのと同じで、木の接合に使います。

 

 

 

 

クランプ

木材同士をくっつけて動かない様に固定する道具です。

 

これもあると作業が楽になります。

 

 

作業する中で固定しなければならない場面はよくありますので、たくさん使う機会があります。

 

 

 

 

さしがね

採寸したり、線を引いたりするための道具です。

 

さしがねの良いところは、直角を測りながらまっすぐな線を引くことができることです。

 

正確な採寸ができなければ、きちんと組み立てることができなくなります。

 

 

 

 

 

まとめ

  • DIYはお金を掛けずに、市販されていない自分好みのモノを自分で作る
  • まずは自分が作りたいモノのイメージを作る
  • 最初はリメイクから始めてみる
  • DIYを始めるには必須アイテムのドリルドライバーは買いたい

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

こういう棚が欲しい、こういう椅子が欲しいと思っている方

 

自分でイメージし、自分で形にしてみてはいかがでしょうか?

 

Do It Yourself!

 

 自分でやってみましょう!

 

↓応援宜しくお願いします↓

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

子供と過ごすキャンプの楽しみ方 ファミリーキャンプを始める方法

f:id:ai-ru-papan:20200520184427j:plain



キャンプ人口がここ数年、増加傾向にあり、BBQやキャンプなどのアウトドアレジャーが再びブームを迎えています。人気のキャンプ場などは数カ月先の予約も取りづらい状態になっています。

 

テレビ番組などでもたびたびキャンプ特集などが放送されており、興味を持たれた方も多いのではないでしょうか?

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

初めて家族でキャンプに行ってみたいけど、 やっぱり素人だしいきなりはムリかな?

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

BBQも初めてで私たちだけでできるのかしら...

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

せっかく自然の中に行くわけだし、子供と一緒に遊べることって何があるんだろう?

 

 

 キャンプやアウトドアに興味があるけど、初めてで大丈夫か心配?

 

 

そんなあなたにご紹介! 

〜本記事の内容〜

・初めてのキャンプでも大丈夫!初めてのキャンプの楽しみ方

・初心者でもできるBBQ!

・自然の中で子供と楽しむアクティビティ紹介

 

 

 

 

 

初めてのキャンプでも大丈夫! 

 

初めてのキャンプの楽しみ方① キャンプは旅行と同じ!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

初めてのキャンプは不安で心配だな。

 

初めてキャンプに行くことを悩んでしまう原因は経験がないからです。経験がないから大丈夫かな?って不安になるでしょうが、キャンプは海外旅行と同じです。

 

外国で言葉もルールも分かず不安で心配になりますが、でも行ってしまえば意外に大丈夫だったりしますよね。それと同じです。

 

 

さらに私の経験からキャンパーさん、特にファミリーキャンプで来られている方はみんな優しいです。困っていたら声をかけて助けてくれたりと本当親切な方が多いです。

また管理棟に職員さんがいたりしますので、困ったら相談してみれば良いでしょう。

 

 

 

 

初めてのキャンプの楽しみ方② まずは自然の中で生活してみよう!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

初めてのキャンプでテントは少し怖いし、大丈夫かしら?

 

キャンプと言えばテント泊をイメージされるのではないでしょうか?

 

テント泊だとテントの設営や夜間の防犯など心配事が増えてしまいます。

 

実はキャンプはテント泊以外にも、コテージ・キャビン・バンガローなど様々な宿泊施設があります。近年ではツリーハウスやトレーラーハウスなどが非常に人気です。

 

またキャンプ場によっては、シャワーやお風呂があったりしますので、初めはそういうキャンプ場を選んでも良いと思います。

 

 

初めて行く場合はまずはテント泊以外にして、自然の中で生活してみる事を体験してみると良いです。

 

 

POINT!

・キャンプは旅行と同じなので心配いらない!
・テント泊以外で自然の中で生活する体験をしてみましょう!

 

 

 

 

初心者でもできるBBQ

 

初めてのBBQの楽しみ方① BBQコンロはレンタルでお試し!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151736p:plain

キャンプ道具は何も持ってないけど、何を準備したらいいのかしら?

 

キャンプでの心配事は食事のことでしょう。BBQするにしても初めてではBBQ道具一式なんて持っていませんよね。一式揃えようと思ってもお金も掛かってしまいます。

 

しかしキャンプ場によってはキャンプ道具一式その場でレンタル出来る所もあります。またレンタルが無いキャンプ場でも、キャンプ道具をレンタルしてくれるサービスもあります。 

 ↓楽天レンタル↓

楽天レンタル

 ↓アウトドアそらのした↓

登山・アウトドアのレンタル そらのした

 

 

初めての時はBBQコンロなどはレンタルをしてお試ししてみるのが良いです。コンロの大きさや使い方が分かってから、自分にあったコンロを探してみるのが良いと思います。

 

↓オススメのコンロ5選を紹介しています。↓

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

 

 

初めてのBBQの楽しみ方② 便利な道具を使おう!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

炭火とか使ったことが無いけど、初心者でも出来るかな?

 

 初めてのBBQで心配なのが、炭に火をつけれるかですよね。火をつける事が料理のすべてです。

でもご家庭のコンロでも一緒ですが、一番初めは使い方が分からなかったはずです。それが経験する事で自然に出来るようになっています。

 

BBQの炭も同じで初めは分からないかも知れませんが、経験する事で必ず出来るようになります。

 

 

またBBQには色々な便利な道具があります。それを使うことにで、初心者の方でも安心してBBQを楽しめるようになります。

 

↓火起こしが不安な方はこちらの道具を参考にしてください。↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

POINT!

・初めてのBBQはレンタルでお試し!
・BBQは便利なアイテムを使うことで初心者でも簡単にできる!

 

 

 

 

子供と遊ぶアクティビティ!自然の楽しみ方を紹介

 

f:id:ai-ru-papan:20200520151303p:plain

自然の中でできる遊びって、どういうのがあるんだろう?

 

せっかくキャンプで自然の中で過ごしているのですから、普段ではできない自然の中でおもいっきり子供を遊ばせたいですよね。

 

キャンプ場によっては芝生公園で遊ばせたり、アスレチックスで遊ばせたりも出来ます。

 

 

ここでは私が実際に体験して特に良かったおすすめのアクティビティを紹介します。

 

 

おすすめ① カヌー 

f:id:ai-ru-papan:20200520000843j:plain

出典:ACTIVITY JAPAN

 初心者でも漕艇しやすいカヤックで、流れの少ない静水域をのんびりと自然の川を満喫しました。川の流れの音を聴きながら自然に囲まれてものすごく癒されました。2人カヌーなどもありますので子供と一緒に協力しながら目的地を目指して冒険気分で楽しみました。諦めやすいうちの子が最後まで頑張って漕ぐ姿はかっこ良かったです!

 

 

 

 

おすすめ② ツリーアドベンチャー

f:id:ai-ru-papan:20200519230530j:plain

出典:じゃらんニュース

ハーネス(安全ベルト)を着けて、樹上10m以上の立ち木の上に作られた足場から渡り歩く、本格的なアスレチックです。身長110cm以上から出来るコースもあったので、小学1年生の息子と一緒に回りました。怖さと戦いながら、でも泣かずに頑張った息子のゴールした時の笑顔を今でも忘れません!

 

 

 

 

おすすめ③ ジップライン

f:id:ai-ru-papan:20200519231029j:plain

出典:ACTIVITY JAPAN

まさに空中散歩!地上から見る山の景色も空中からだと別物で、鳥になった気分です。高所からの猛スピードで滑走はスリル満点です。難しい技術なんか必要なく、ある程度のバランス感覚があれば誰でも楽しめます。うちの子はターザンロープが大好きなので大はしゃぎで楽しんでました。

 

 

 

 

おすすめ④シーカヤック

f:id:ai-ru-papan:20200519234900j:plain

出典:ACTIVITY JAPAN

波がある分カヌーよりは揺れがありましたが、安定感のある艇でしたので初心者の私たちでも問題なく大丈夫でした。波の音と潮の香りを感じながら、ゆったりとした時間を満喫出来ました。海キャンプならシーカヤックはおすすめです!
 

 

 

 

おすすめ⑤ 川遊び 沢登り 沢下り

f:id:ai-ru-papan:20200520135546j:plain

出典:じゃらん

川遊びが一番お金も掛からずに長い時間遊べる遊びですね。暑い夏の日なんかは冷たい川の水が気持ちいみたいでずっと川に入って遊んでます。沢登りをした時は探検気分でノリノリでした。

 

ただ川の事故は多いので最新の注意が必要なのでくれぐれも子供から目を離さず、側を離れないようにしてくださいね。

 

↓川遊びにおすすめのグッズ紹介です↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

自然ならではのアクティビティはまだまだ色々あります。体験したい遊びのアクティビティを決めてからキャンプ地の候補を決めると計画が立てやすいです。

 

↓アクティビティ検索の参考↓ 

アクティビティー予約 じゃらん

【アクティビティジャパン】体験・レジャーの予約サイト

 

 

POINT!

・アクティビティを決めてからキャンプ場を選びましょう!

 

 

 

まとめ

  • キャンプは海外旅行と同じ。不安は行く前までで行けば楽しめる!
  • まずはテント泊以外で自然の中での生活を体験しよう!
  • BBQの道具はレンタルでお試ししよう!
  • 便利道具を使えば初心者でもBBQは安心!
  • 自然の中ならではのアクティビティを体験しよう!

 

f:id:ai-ru-papan:20200520155236p:plain

初心者でも初めてのキャンプは大丈夫なんですね!

 

いかがでしたでしょうか?少しはキャンプへの不安はなくなりましたか?

自然の中で過ごすゆっくりとした時間の流れは、本当に素敵で癒されます。

 

私自身もまだまだキャンプ初心者ですが、楽しむ事が出来ています。

 

f:id:ai-ru-papan:20200520154915p:plain 

あなたも時間の流れを忘れてゆっくりと自然に癒されてみてはいかがですか?

 

↓応援宜しくお願いします。 

にほんブログ村 アウトドアブログへ

川遊びにおすすめのグッズ 初心者の為のアイテム10選

f:id:ai-ru-papan:20200517204242j:plain

気候も暖かくなりファミリーキャンプで家族サービスも良いですね。

 

 

キャンプ場で何をして子供たちと遊びましょうか?

 

キャンプ場に川があるから、川遊びや沢登りをしたら楽しいかな?

 f:id:ai-ru-papan:20200517193255p:plain

海やプールでも溺れたりしないし、大丈夫だろう。

 

初めての方はそう思っていませんか?

 

 

川遊びをする場合はしっかりした準備をしなければ大変危険です。

 

 

しかし初めてだと何を持って行けばいいのか、どうしたらいいのか分からず色々と心配になってしまいますよね。

 

実際に私も初めて川に行くときは正直軽く考えており、危ない目にもあってしまいました。   

f:id:ai-ru-papan:20200517194749p:plain

何度か行ってからは「持って行く物」や「これがあれば良い」って物が分かったので、今では川遊びや沢登りが楽しくて仕方がありません。子供たちと一緒になって遊んでいます。

 

しかし川遊びは危険とも隣り合わせですので、きちんとした道具があることが前提です。

 

この記事は安全に楽しく川遊びが出来るように、私が実際に川に持って行くアイテムです。絶対に必要と思うマストアイテムから、これがあればより楽しめるだろうと思うアイテムを紹介します。

 

 f:id:ai-ru-papan:20200514215947p:plain

 

 

 

川遊びにおすすめ グッズ

川遊びや沢登りを安全に快適に楽しむ為のアイテムをまとめました。マストアイテムからより川遊びを楽しむ為のおすすめアイテムです。

 

ライフジャケット

 これは川遊びの基本です。小学生くらいまでは安全の為に着用した方が良いです。種類によっては腰だけの物や紐を引っ張って膨らませる物もありますが、私はおすすめしません。浮力が弱かったりバランスを取りづらかったりします。また溺れてパニックになっている子供が冷静に紐を引っ張って膨らませる事は難しいです。ライフジャケットが大型になりますが、子供の安全第一にしたいです。また転んだ時などに岩などの衝撃を和らげてくれたりします。 

 

 

  f:id:ai-ru-papan:20200517204559p:plain

 

マリンシューズ

 川の中の岩肌は苔などでかなり滑りやすくなっています。岩の形も様々で、さらにガラス瓶の破片があったりしますので、マリンシューズは絶対必要です。滑り留めがしっかりしている物がおすすめです。決して素足やサンダルなどで入らないで下さい。私はサンダルで川に入り、見事に転んでお気に入りのサンダルが川に流されてしまいましたw

 

 

 

ラッシュガード

川の中には何があるか分かりません。転んだりすると岩などで擦ったりする事もありますので、長袖または7分丈のラッシュガードを着用する事をおすすめします。UVカット効果もあるので日焼け対策にもなります。また少し離れてしまっても我が子を探す時の目印になるので探しやすくなり便利です。 

 

 

 f:id:ai-ru-papan:20200517204723p:plain

 

 ダイビンググローブ

 沢登りをする時に高い段差などを登る時があります。子供の手を取ったりすると思いますが、通常時なら問題なく手を握って引っ張る事も出来ますが、濡れた手同士では手が滑って難しいです。力を込めて引っ張る時に滑ってしまうと危険です。その為に滑り止めが付いていて、撥水・保温がしっかりした手袋がおすすめです。100均などの滑り止めが付いた手袋では濡れた時に乾かないのでどんどん体温を奪われて手が冷たくなるのであまりおすすめしません。

 

 

 

防水バッグ

沢登りの時に飲み物や絆創膏などを持って行くのに使ってます。 沢登り中は両手が空いた状態にしておきたいので、防水カバンを使用する事をおすすめします。以前はウエストポーチ型を使用してましたが腰だけにくる重みで歩きづらく、ショルダータイプに変えました。

 

 

 

シュノーケル

川遊びの場合は子供達は顔付けて魚などを探そうとしますのでシュノーケルなどあると楽しんでくれます。ゴーグルだけだと途中息継ぎをしようと顔を上げた瞬間に魚を見失ってしまうんですよね。

  

f:id:ai-ru-papan:20200517205301p:plain

 

 

魚取り網

魚取りなどをする時におすすめです。100均などにも網はあるのですが、竿部分が長く、子供が手に持って川に入ると他の人に当たったり、泳ぐ時に邪魔になって上手く魚を追いかけれなくなります。その為魚取り網は伸縮式がおすすめです。これがあれば川に入って魚を取ったり、川岸の昆虫を捕まえたりと色々と使えます!  

 

 

 

箱メガネ

小さいお子様は潜って魚を見ることが難しいので、箱メガネを使っています。顔を水中に入れることなく、綺麗に水中が観れてます。うちの息子も川の中の魚を観れてすごく嬉しそうで網を持って追いかけ回してました。大人も嬉しくて一緒に覗いてしまうこと間違いなしです!以前は膨らませて使う簡易的な箱メガネを使ってましたが、正直見えづらくあまり使えませんでした。

 

 

 

折りたたみバケツ

 魚取りで捕まえた魚を入れるのにおすすめが折りたたみ式のバケツです。通常のバケツだと持っていく時に荷物になりますが、コンパクトに折りたためるので持ち運びが便利です。またキャンプで花火をした時にも消火用バケツとしても使っています。必要な時だけ組み立て使えるのでかなり便利です。 

 

 

 

ポップアップテント

川などは海やプールと違って更衣室などはありませんので、ポップアップテントがあると便利です。川辺は地面が不安定な為にパラソルなどは立てづらいので、日よけの休憩場としても最適です。

  

 f:id:ai-ru-papan:20200517204942p:plain

 f:id:ai-ru-papan:20200514215612p:plain

まとめ

川遊びはプールや海と違って最低限の準備が必要になります。川遊びは危険があるのでしっかりした準備をしてくて下さい。川の中をただ歩くだけでも危険はたくさんあります。特に小さいお子様は少しも目を離さず側を離れないようにしましょう。

 

しかし川遊び自体は無料なので1度準備をしてしまえば、海やプールに行くよりは気軽に安く行けます。

 

 f:id:ai-ru-papan:20200517204438p:plain

 

夏休みの間にお子様と夏キャンプしながら、川遊びをしてみてはいかがでしょうか?

ファミリーキャンプは大人も子供も楽しめるので初めてでも楽しめます。いきなりキャンプは難しくても、川でBBQするだけでも楽しいと思います。

 

 f:id:ai-ru-papan:20200514214503p:plain

↓キャンプ初心者におすすめのBBQ準備の便利アイテム↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

↓キャンプ初心者におすすめのBBQ準備の便利アイテム↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

  

 ↓子供と楽しむ初めてのファミリーキャンプ↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

 

 

しっかり準備をしてこれからの季節、家族で川遊びを楽しんで下さいね!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

BBQで準備するもの 初心者におすすめしたいアイテム10選

f:id:ai-ru-papan:20200516201124j:plain

キャンプなどのアウトドアでの楽しみと言えばやはりBBQなどの食事でしょう。

 f:id:ai-ru-papan:20200516184751p:plain


 

みんなでワイワイしながら準備したり、調理したりと楽しいと思います。

 

 

でもアウトドアでBBQや調理って、包丁・まな板・箸・お皿・コップ...他は何を持って行けばいいんだろう?

 f:id:ai-ru-papan:20200516183026j:plain

持って行ける荷物には限りがあるし、でも貴重な食材を失敗したくないし...BBQコンロだけでも大変なのに...

 

 ↓BBQコンロの準備・後片付けに便利なアイテム紹介しています↓

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

初めてのキャンプだと分からず困って悩んでしまいますよね。

 

  f:id:ai-ru-papan:20200515212454p:plain

 

実際私も初めての頃は、分からずにあれが欲しいね、これが欲しいねって事がよくありました。

今では回数も重ねて経験したり、周りのキャンパーさん達を見たりして、便利なアイテムを知る事が出来ました。

 

 

この記事は初めての方が少しでも楽しく安心してアウトドアを楽しめるように、私もまだまだアウトドア初心者ですが、実際に私が使って「これは本当に良かった」と思った食事時に関係するおすすめアイテムです。

 

  f:id:ai-ru-papan:20200514215947p:plain


 

 

 

おすすめアイテム紹介

今回は食事時に便利でおすすめしたいアイテムをまとめてみました。私自身まだまだアウトドア初心者ですが、そんな初心者目線から見た使いやすくて便利でキャンプライフを楽しくしてくれたアイテムを紹介します。

 

 

トング

 

これはBBQコンロでは基本ですね。網や鉄板の上で食材を乗せたり、取ったりするのには必需品です。100 均などでも売っていますが、長さが短いので私はおすすめしません。短いとコンロの熱が熱くて結構大変です。できれば長さ35センチくらいはある物をおすすめします。握り部分も木で熱くならずとても使いやすいです。

 

 

 

 BBQシート

 

BBQコンロでしゃぶしゃぶのような薄い肉や鶏皮などは、焦げて網にくっついたりしてしまいます。BBQシートはテフロンっぽい加工がしてあるので薄い食材もくっつきにくく、綺麗にやけます。また野菜なども直火で燃えてしまいがちですが、しっかり綺麗に焼けます。繰り返し数回は使えますので、コンロ用の鉄板を使うよりは軽いし便利です。

 

 

 

BBQプレート

 

焼きそばや野菜炒めをする時に便利です。大型のフライパンやコンロ用の鉄板などは重い荷物になります。これならアルミで軽いし、使い捨てなので終わればコンパクトに丸めて捨てれます。BBQシートとは違い深型で食材の飛び散りも防げるので便利です。

 

 

 

焼き鳥台

 

BBQのイメージって串に刺した肉を食べているイメージですよね。しかし竹串などに刺した食材などを網の上に直接置いてしまうと竹串が燃えて折れてしまいます。また金属製の串などは熱で熱くて持てなくなります。それを避けようと串の持ち手を網の外側に出そうとコンロの端で焼こうとしてもコンロの端は火力が弱くうまく焼けません。この台を使うと直接竹串も燃えないし、金属製も熱くなりにくいです。幅も調整出来るので便利です!

 

 

アウトドア クッカー

 

鍋2つ、フライパン1つ、ケトル1がセットになっているクッカーです。ステンレス製で錆びにも強く、作り自体もしっかりしています。取っ手が取り外せてコンパクトにまとめて収納出来ます。リーズナブルで私のような年数回のキャンプ初心者には丁度良いアイテムです。

 

 

 

ホットサンドメーカー

 

キャンプの朝食などにおすすめのホットサンドを直火で簡単・手軽に作れます。自然の中で濃いめのコーヒーを飲みながら食べるホットサンドは格別に美味しいです。私は家でも使えるようにIHでも使えるホットサンドメーカーを使ってます。

 

 

 

BBQ用スモーカー 

 

流行りの燻製が手軽に楽しめるアイテムです。折りたたみ式で持ち運びにも大変便利です。スモークチップを使用して肉など熱燻したり、スモークウッドを使用してチーズやソーセージを温燻したりと両方可能です。初めての私でも失敗する事なく簡単に作れました。アウトドアに限らず自宅でも手軽に使えるのでおすすめです!

 

 

 

調味料ボトルセット

 

BBQや調理に必要な調味料を必要な分だけまとめてます。買ったままの商品容器のままだと入れ物の大きさが違うのでバラバラしてしまいますし、準備の時にタレ持った?塩こしょうは?ってなりがちですが、準備してまとめるのでそうなりにくいです。あとは見た目の問題ですかね?w家庭内でも買ったままの容器よりは違うボトルに入っている方がオシャレですよねw

 

 

 

食器セット

 

ゴミなどを捨てらえるキャンプ場なら紙皿や紙コップでも良いのですが、中には捨てられないキャンプ場もあります。油や焼肉のタレなどでベタベタになっている紙皿など持って帰りたくないですよね。シルバーのアルミ食器とかも良いのですが、人数分の数を揃えようと思えばそれなりに高いし、見た目もあまり好きでないんですよね。これなら色付き出し、軽いし、少々雑に扱っても気になりません。子供が落としても気にならないので安心です。

 

 

 

 ドリンクホルダー

 

キャンプの時などテーブルが狭かったり、テーブルが不安定だったりで小さい子供はドリンクをよくこぼしてしまいます。このドリンクホルダーはクリップ式でテーブルに固定できるので、テーブルの上に場所を取ったり、テーブルの不安定さも関係ありません。実際うちの子もこれを使ってからはこぼさなくなりました。

 

 

 

f:id:ai-ru-papan:20200514215612p:plain

 

 ↓おすすめのBBQコンロを紹介しています↓

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

まとめ

アウトドアには色々な便利で役に立ち、初心者の方でもキャンプやBBQを楽しくしてくれるアイテムがたくさんあります。自然の中で楽しいキャンプライフを過ごしてまたキャンプに行きたいと思ってもらいたいです!

 

これからの季節に山や川で自然の中だからこそ出来る優雅な時間を大切な人と一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか?

 f:id:ai-ru-papan:20200514214503p:plain

 

 

 ↓子供と楽しむ初めてのファミリーキャンプ↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

BBQで準備するもの 初心者におすすめする便利アイテム7選

f:id:ai-ru-papan:20200515211058j:plain

 初めてBBQをする時に、何を準備したら良いのか分かりませんよね。

 

コンロと炭があれば大丈夫だろうと思っていませんか?

 BBQにはコンロ以外にも様々な道具が必要になってきます。

 

 ↓おすすめコンロを紹介しています↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 道具なども多いので初めての方は、BBQは準備や後片付けが大変そうで、自分には無理と思っている方も多いのではないでしょうか?

  f:id:ai-ru-papan:20200515212454p:plain

 

 

しかし便利なアイテムを使う事で初心者の方でも、楽に簡単にBBQを楽しむ事が出来るようになります。

 

 

この記事は初心者の方が少しでも楽しく安心してBBQを楽しめるように、実際に私が使って「これは本当に良かった」と思ったおすすめアイテムを紹介しています。

 

 

       f:id:ai-ru-papan:20200514215947p:plain

 

 

BBQコンロ 〜準備編〜

BBQで初心者が一番大変なのが炭の火入れです。着火剤を使っても火は簡単にはついてくれません。

ここではBBQコンロに火を入れるまでのおすすめアイテムを紹介しています。

 

 

火起こし機

 初心者の方で苦労するのは何と言っても火起こしです。火起こし出来ないとBBQは始まりませんからね。初心者の方や火起こしが苦手な人には何と言ってもこれ!炭と新聞紙や割り箸など燃えやすい物(着火剤でもOK)を入るだけで後は何もせずそのままにするだけ!煙突効果で自然に火が回り仰いだりする必要は全くありません。炭全体に火が付く間にテーブルや椅子の準備をして待つだけです!

折りたたみ出来るので持ち運びにも大変便利です!

 

 

トーチバーナー

炭を追加した時や早く炭に火を起こしたい時に便利です強風にも強く火力も強いのであっと言う間に炭に火がつきます。また炭に火を起こすだけではなく、食材の表面を炙ったりする事も出来ます。使い方も簡単でガス栓を回して「シュー」とガスが出る音がしたら、あとはライターと同じで着火ボタンを押すだけです。ガス栓を回すと火の調節が出来ます。

 

 

BBQ用送風機

火がついた炭の火力をあげようと思うと風を送らなければなりません。うちわなどで仰げば良いのですが、夏場にこの作業が腕は疲れるし、汗は出るしで結構しんどいです。

この送風機は電池式の自動送風機になりませので、スイッチを入れて風を送りたい炭に向けるだけです。思った場所に狙って風を送れるので大変便利です。

 

ちなみに私はもっとアウトドアっぽくしたくて最近では火吹き棒を使っています。火吹き棒もピンポイントに強弱をつけて風を送れるので大変便利です。

   f:id:ai-ru-papan:20200515211341p:plain

 

 

耐熱グローブ

BBQの時に火起こし機やコンロ周り、またキャンプなどではダッチオーブンなど熱い物を持つ事があります。軍手などでも持てますが正直熱いです。せっかくのBBQで火傷などしてしまっては楽しめません。アウトドアを安全に楽しむ為にも耐熱グローブはあった方がいいです。

 

 

 

BBQコンロ 〜後片付け編〜

楽しいBBQも終わり、「さあ後片付けだ 」っと思っていてもどうすれば良いのでしょうか?

ここではコンロの後片付けにおすすめするアイテムを紹介しています。

 

 

火消しつぼ

BBQコンロを片付ける時にまずするのが、炭の後片付けです。火の付いた炭を片付けなければなりません。小さいクズ炭は燃やしきれば良いですが、大きい炭の場合にはそうは行きません。大きい炭はまた次も使えますので保管しなければなりません。そんな時はこの火消しつぼに炭を入れれば自然に火が消えるので大丈夫です。また最近でゴミや灰炭を持って帰らないといけないキャンプ場も増えていますので、使用済みの炭保管用にあると便利です。

 

 

BBQお助けシート

BBQコンロの後片付けで大変なのが、油汚れと炭の始末です。油でベタベタになったコンロ底から炭を取り出すのが大変です。しかしこのBBQお助けシートを事前にコンロの底に敷いておけば、BBQ終わりに丸めて捨てるだけ!コンロの底自体にも油が付きにくいので油汚れが軽減され洗うのも楽になります。

 

 

BBQブラシ

使い終わった網やBBQコンロを洗う時に便利です。以前は100均の金たわしで洗っていたのですが、たわしを手に持ってゴシゴシ洗うと油で手がベタベタしてしまい、たわしが持ちづらくなったり、いくら手を洗ってもぬるぬる感が取れないので、持ち手付きのたわしをおすすめします。ブラシ面も広く広範囲に洗えるので大変便利です。

 
 

 まとめ

BBQの準備や片付けも便利アイテムを使用する事で、初心者の方でも簡単に準備や後片付けをする事が出来ます。

友達や恋人と、または家族サービスでBBQ。その準備や後片付けがスマートにテキパキできれば周りのあなたを見る目が変わるかも知れませんよw

 

これからの季節に山や川、またはお家の庭でBBQをしてみてはいかがでしょうか?

   f:id:ai-ru-papan:20200515211248p:plain

 

 ↓BBQの食事時におすすめアイテムを紹介しています↓

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 ↓子供と楽しむ初めてのファミリーキャンプ↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ

 

BBQコンロの選び方 初心者におすすめするコンロ5選

f:id:ai-ru-papan:20200515215045j:plain




 

アウトドアやBBQの必需品と言えばまずBBQコンロでしょう。

BBQコンロと言っても色々なタイプや大きさ、形があります。

 

でも初めてだし、どれを買えばいいの?

               f:id:ai-ru-papan:20200513235809j:plain

 

 

初めての方はコンロを買うのに悩んでしまいますよね。

 

コンロなんてどれも同じだろうと安いのを買ってしまった為に、後ほど苦労する事も多々あります。

 

 

この記事は初心者だからこそ知っておきたい機能や使いやすさを紹介しています。

 

 

 

 

 

どのタイプのコンロがいいの?

まずBBQコンロと言っても熱源が色々あります。炭火・ガス火・電気式などが多いでしょう。どれも取り扱いには注意が必要ですが、初心者の方でも安心して使えるようにはなっています。

 

炭火コンロ

木炭で火を起こして、網を熱してお肉を焼きます。BBQならやはり1番人気でしょう。炭火の遠赤外線効果でムラなく焼け、お肉の旨味を閉じ込めてくれますので、本当に美味しく焼けます。

 

ガス火コンロ

ガスボンベで火を起こし、鉄板を熱してお肉を焼きます。言い換えればガス火を使ってフライパンでお肉を焼くイメージです。レバーひとつですぐ使えて、火の調整などが出来るので安定的な熱量を維持したい料理にはすごく便利です。

 

電気式コンロ

電気でプレートを熱してお肉を焼きます。家庭にあるホットプレートと同じです。安全で使いやすいですが、電源を使うので場所が限定されます。家の中で焼肉をすると油でベタベタになってしまいますので、庭で焼肉をする時などには便利です。

 

作りたい料理や場所で選べば大丈夫ですが、アウトドアでのBBQならやはり炭火が一番オススメです!

          f:id:ai-ru-papan:20200514214503p:plain

 

 

コンロの大きさや網の形はどれがいいの?

 コンロにも大きさや形など色々あります。ではどうやってサイズや形を選べばよいのでしょうか?大人数でも出来るように大きいサイズを買った方が良いのでしょうか?

 

コンロの大きさは?

コンロを買う時に悩むのがコンロの大きさです。ガス火コンロや電気式コンロはある程度サイズが決まっているので大丈夫ですが、炭火コンロの場合はサイズが色々あり、BBQするなら知人とか呼んで大人数になるだろうからと大き目を買ってしまいがちです。

しかし一番大切な事は主な使用人数使用頻度です。例えば4人家族で8人用の大きさのコンロを使うと、炭の量も増えてしまいますし、準備や後片付けも大変になってしまいます。さらに使わない時の保管場所も場所を取ってしまいます。

準備や後片付けが大変と思ってしまうと頻繁にしなくなってしまい、次に使いづらくなりますので、コンロの大きさは主な使用人数と使用する頻度が大切になって来ます。

4人家族で主に使用するなら七輪でも十分なのです。

 

 

網の形は?

網の形には四角型と丸型があります。ここで大切なのは、焼き網は消耗品だという事です。いくら手入れをしていても何度か使うと網は焦げが取れなくなったり、変形したりします。その為大切な事は交換用の網が入手しやすいかどうかです。最近では100均でも網は販売しています。しかし丸型の網は大きさによっては入手が難しかったりします。少人数用の丸型なら良いですが、大型の丸型はあまりオススメしません。

 

 

他に注意する点は?

 熱源や大きさや形以外に注意する点はあるのでしょうか?コンロの大きさや形は分かったし、後は安ければいいのだろうと思っていると失敗してしまいます。

コンロを使い続ける 為に大切な事は何なのでしょうか?

 

持ち運びは出来る?

コンロ自体が持ち運びしやすいかは重要です。大型の物になると重量もあるので移動するだけでも大変になります。コンパクトに収納できる、またはホイールなどが付いて移動が楽な物を選ぶと良いでしょう。また分解出来る場合は専用ケースなどが付いている物をおすすめします。保管している時にスタンドの足が1本無くなってしまってはもうコンロとして使う事が出来なくなりますからね。

 

 

組み立ては簡単?

分解しても組み立てが簡単かも大切になります。コンパクトに分解できても次に使う時に組み立てが大変だと困りますよね。安価なコンロなどではスタンドの足がねじ式なっている物もありますが、組み立てが手間なのでオススメしません。ジョイント式や折りたたみ式のスタンドをオススメします。

 

 

お手入れは?

BBQをする事でコンロ自体の油汚れが凄いです。洗いやすさも大切ですし、ステンレス製など錆びに強い物をオススメします。コンロ自体長く使えるのできちんとお手入れし易い物を選びましょう。

 

 

 

おすすめのコンロは?

 

                f:id:ai-ru-papan:20200514215947p:plain

 

コールマン コンロ クールスパイダープロ (炭火)

初心者の方でも使いやすいコールマンのBBQコンロです。組み立ても簡単で、使いやすいです。炭の継ぎ足しもスライド式になっているのでとても便利です。また網自体の高さも4段階に変更できるので食材に合わせて高さを変える事で、火力調整が出来ます。フレームなどステンレス製なので錆びにも強いです!

 

 

尾上製作所 引き出し機能付き BBQコンロ  (炭火)

 

初心者の方にも使いやすく、さらにリーズナブルな価格のBBQコンロです。炭の継ぎ足しもスライド式なのでとても便利です。さらに足の高さが2段階で変更できるので、立ったままでも、座ったままでも使用出来ます。こちらもステンレス製なので錆びには強いです。

 
 

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ (炭火)

ソロキャンプまたは少人数の方におすすめのBBQコンロです。コンパクトに収納出来持ち運びも便利です。さらにこちらは焚き火台として使用可能なんです!最近のキャンプ場は直火禁止が多いので、焚き火台が必ず必要になります。コンロと焚き火台が兼用になる事で荷物も減らす事が出来ます。。

 

 

コールマン ロードトリップグリル (ガス火)

 

ガスボンベを使用してのガス火コンロです。このグリル自体にホイールがついているので移動も楽々です。左右で火力の調整が出来ますので、右は強火、左は弱火など料理に合わせて使い分ける事が出来ます!大きい食材でも同じ火力でムラなく焼く事が出来ます。鉄板を外して丸洗い出来る、炭などの処分もないので後片付けも簡単です。ただ本体自体大きいので保管場所の確保が必要です。

 

 

 

ロゴス BBQコンロ  (電気式)

 

電気式のBBQコンロです。自宅の庭やAC電源があるキャンプ場などなら簡単に使えるので初心者の方に安心です。ダイヤルを回すだけで火力調整が出来ます。付けたり消したりが簡単なので、とてもエコに使えます。上蓋を閉めれば蒸し料理も可能ですのでBBQの楽しみも増えますね!ただ本体自体大きいので保管場所の確保が必要です。

 

 
 

f:id:ai-ru-papan:20200514215612p:plain

 
 

まとめ

  • 作りたい料理や場所でコンロを選ぶ
  • コンロの大きさは主な使用人数と使用頻度で選ぶ
  • 丸型の網は入手が難しい
  • 持ち運びしやすい物を選ぶ
  • 組み立てやすい物を選ぶ
  • 洗いやすいものを選ぶ

 

ホームセンターなどで安価なコンロはいくらでもあります。しかし使い勝手が悪いとBBQするのも大変になります。BBQコンロを買う時には値段だけではなく、使いやすさで選ぶ事をおすすめします。

 

 

あなたもお気に入りのBBQコンロを手に入れて、BBQを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

 

↓コンロの準備・後片付けにおすすめアイテム紹介↓ 

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 ↓BBQの食事時におすすめのアイテム紹介↓

ai-ru-papan.hatenablog.jp

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ